1.英語ダメ!海外個人旅行は可能か?

片言英語でも旅行はできた

観光旅行なら可能だった。

自分自身 中学レベルにも達しない英語で
海外一人旅をしたことがあるが海外旅行を楽しめた。
多くの外国人が日本を旅行しているが
日本語が話せない人がほとんど
それでも十分に楽しんでいるはずだ。
ただ、簡単でも英語を話せれば何かと便利だ。

英語を話せなくても海外を楽しめた(パリ)

英語ができたら!と思うことがあった。

海外で周りの人が英語ペラペラなのに 
自分はほとんど話せずチドロモドロ
しまいには 
「Can you speak English?」
英語は話せますか? 
なんて聞かれることも その時は「英語が話せたら」と思った。 
海外へ行く前に1~2週間でも英会話をすれば 
自身につながるし楽しくなるだろう。 

英語が使われることが多い(バンコク)

言葉だけではない

海外へ行って感じたが 単に 
「英語が話せればいい」 だけではないのだ。 
習慣や文化の違いがあり、
それが分からなくてトラブルが発生することもある。 
「2.これだけは知っておこう!」 で紹介する。

バスに乗るにも日本と異なることも(ミラノ)

2.英会話を始める前に

自分の海外旅行経験から

Hellowと笑顔が最大のコミュニケーション!?

英語が話せる話せないは別に
 Hellow(こんにちは)と笑顔は
信頼関係のコミュニケーションであった。 

詳しくは

Hellowと笑顔が大事

習慣や文化の違いを理解しよう!

海外では日本と異なる文化や習慣がある。
仮に英語ペラペラでも、それを知らないと
損をしたり誤解やトラブルになりかねない。 
英会話と並行して自分の興味がある国や地域の習慣を調べてみよう! 

詳しくは

習慣や文化を理解しよう!

思い切りが必要

最初外国人と話をするとき
簡単な会話でも有機がいるもの
しかし、片言英語でもジェスチャーを踏まえても
通じるものだ。

詳しくは

思い切って話をしよう!

3.シンプルな実践英会話

簡単 だけど 使えた

Pleaseを使おう

「~下さい」「~お願いします。」 海外でよく使う言葉だ。
うまく話せないならPleaseを加えると通じやすかった。

詳しくは

Pleaseを使おう

言っていることが分からないとき

英語が上達しても 相手の言っていることが分からないことがある。
そのとき 分かった顔や返事はNG Sorryと言って聞き返そう。

詳しくは

聞き取れないとき

SorryとPardonを使う

外国ではSorryは安易に使わないと言われている。
確かにそういった面もあるが 実際
海外へ行くとちょっとしたことで
Sorry Pardonはよく使われるのだ。

詳しくは

SorryとPardonを使う

海外で道を尋ねる

「英語で道を尋ねる」 英会話の定番だし、
海外旅行中よく使う。 
いろんなフレーズがあるが 難しく考えないでいい。 

詳しくは

海外で道を尋ねる

海外で買物

これも英会話の定番だし、 
海外旅行中よく使う。 いろんなフレーズがあるが
難しく考えないでいい。

詳しくは

海外で買物