1.会話集等 準備はした方がいいが

ほとんど使うことはなかった

ジェスチャー・片言英語で何とかなった

通常の観光目的の旅なら
ツアーはもとより個人旅行でも
会話集や翻訳機を使うことは
ほとんどなかった。
簡単なコミュニケーションなら
片言英語とジェスチャーで何とかなるし
いちいち会話集を開くのは面倒だ。


一般的な観光なら会話集を使うことはあまりなかった(ミラノ)

いくつか例を挙げると

入国審査

入国カードに必要事項を記述してあるので
質問されることはほとんどないだろう。
聞かれるとしても

What’s the purpose of your visit?
「旅行目的な何ですか?」

分からないようだったら

Why do you visit USA?
「なんで アメリカに来たの?」
なんて分かりやすい言葉を使ってくれた。
(実際は、まるで来てはいけないような聞き方で失礼である。)

質問に対し返答

観光目的なら
I’m here for sightseeing.
「観光で来ました」
と答えればいい。

一言Sightseeingと言ってもいいが
丁寧な返答ではない。

宿泊

Hello「ハロー」と言った後
予約確認証を見せて
I’d like to check in.
チェックインしたいのですが?
なんて言えばいい

分からなければ
Check in please.
とでも言えばいい。
ただ、
丁寧な言い方ではないので
笑顔でごまかそう。

予約していないらな
Do you have any vacancies?
空室はありますか?

と聞けばいい。

分からなければ
Do you have room?
とでも言っても通じる。
How mauch one night.
でも聞けば紙で値段を書いてくれる。

そもそも
フロント来る時点でこの人は
「このホテルに泊まりたいのだろう。」
判断できるはずだ。

バス タクシー 鉄道(地下鉄)等

ガイドブックを開くと利用方法が書いてある
前もって調べておこう。

また

バスはルート別に系統番号が書いてある。
地下鉄も路線ごとに番号や色分けがしてある。

タクシーなど地図で行き先を示せばいい。

ほとんど、難しい言葉を使った記憶がない。

食事・買物

ガイドブックを開くと利用方法やチップなどに
ついて書いてある。
注文時にメニューに指をさせばいい。
コンビニ スーパー お土産屋も
ほとんど無言で会計できた。

などなど
旅行中
会話集や翻訳機を使うほどではなかった。


ホテルでチェックイン

まれに必要なことがある

困ったときなど

困ったときなど、まれに語学力が必要なこともある。
その時 会話集や翻訳アプリがあれば便利

ただ、直訳されると
間違った認識をしたり誤解を招く
恐れがあるので

多少でも英語を話せた方がいい。
ちなみに
英語を母国語としていない国でも
多少は英語は使えることが多い。

会話力が必要な時

ちょっと聞きたいとき

ちょっとしたことで質問したいことがある
会話集や翻訳機を使うのもいいが
手間がかかるし、簡単でも話せた方がいい。


バッグを機内に持ち込めますか
Can I carry this bag on board?

スーツケースを預けたいのですが
Can I check in this suitcase?

Is there (weight limit/size limit).
重量制限/サイズ制限 ありますか?

Weight limit(重量制限)
Size limit(サイズ制限)
だけを知っていても便利

食事時

会話集が役立つことも
海外では、なんだか分からない料理が多いのだ。

日本でも外国人に
「親子丼」「たい焼き」
なんて言っても
なんの料理だか分からないし
直訳すれば誤解を招くだろう。

もう一つ
困ったのがセルフサービスの
ファーストフード

例えば

for here
ここで食べます。
to go
持ち帰ります。
take outは通じないことがあった。

Do you have value meal
セットメニューありますか?
set menu と言っても
相手は「?」であった。
setはコース料理になってしまう。

セルフサービスはあくまでもセルフ
店員も必要以上のサービスはせず
嫌がられるのだ。

困ったとき

会話集が役立つこともあるが
できれば話せた方がいい。
例えば

I lost bag on the train.
列車の中で荷物を忘れました。

他にも

I’d like to go to bathroom.
トイレに行きたい。
など

ちなみに

Bathroom=お風呂
Toilet=トイレ
と思うが
アメリカではToilet=便器
と認識するので
Bathroomと言った方がいい。


ファーストフードで注文

3.簡単でも英会話をしておけば便利!

恥をかかない

例えば空港で

ABC123 Airline will be late due to inclement weather.
ABC123便は悪天候の為 遅れます。

なんてアナウンスが流れて
後続便が先に到着 搭乗手続きが始まる

それを聞き取れずに搭乗しようとするとすると
搭乗拒否 焦ってしまう。
係員はあきれ顔

なんてこともあったのだ。

急な変更の場合
アナウンスも英語(および現地語)のみ
表示もされないことがあった。

自分の意志を伝えられる

知り合った人と話が弾むことも

バーで車内でゲストハウスなどで
知り合った外国人と話をすることも

自分の出身地 趣味 職業など

その時、自分の思っていることを
話せれば楽しいのだ。


現地で会話が弾むことも

何よりも自信につながる

おもいっきりが大事

英会話をしていなくても
片言位の英語は話せるだろう。
しかし、なかなか話す勇気がないのだ。
多少でも英会話をしていると
それが、自信につながり、
話をしようとする。
さらなる成長につながるのだ。

自分の都合に合わせて安く英会話もできる

オンライン英会話など

しかし、
英会話をするにはお金はかかるし
時間もない。
オンライン英会話だと、少ない金額
マイペースで英会話ができる。