台湾旅行より
空港から街への移動方法

桃園国際空港から台北市街地へは40km
ほど離れている。そこまでの移動方法は
どのようなものがあるか?



バスで台北市街へ移動する











トップ
台湾旅行



お得な旅をしかたを見つけよう!
格安台湾旅行をするには?


ツアー(フリープラン)などは送迎付きが多い

ツアーはもとよりフリープランでも空港からホテルまでの送迎サービス
が付くことが多い。だいたい到着フロアーにバッチや旗など持った係員が
いるので案内に従う。はじめての台湾旅行にとってはうれしいことである。
ただ、旅行会社によっては人が集まるまで長い時間待たされたり
あちこちのホテルにまわるため時間がかかってしまい
旅慣れた人にとってはかえって不快な思いをすることもあるので
気になる人は確認しておこう。
旅行会社によってはお待たせしないよう心がけているところもある。

送迎なしでの場合 主な交通機関はバス
高くもないし難しくはない

フリープランでも送迎なしの場合や個人旅行の場合 個人で移動することになる。
(フリープランの場合 深夜 早朝など時間帯によってサービスされないこともある)
代表的な交通機関はバスとなる。安いものだと125元 1元=4円とみれば500円だ。
高くても150元位だと思う。台北市街までの所要時間は1時間ちょっと
また 30分に1本というように本数も多い。
言葉が通じないので不安と思うかもしれないが安心
チケット売り場もあり筆談で十分通じる。向こうも日本人旅行者慣れしているはずだ。
国光客運が一般的
桃園国際空港から台北市街にはいくつかのバス会社が出ている。
一番一般的なのは国光客運で空港の到着ロビーで係員(日本語を話せる係員も多い)
にバスのりばを聞いても たいていこのバス会社を紹介されよう。
運賃は125元で一番安い
その他のバス会社
例えば「大有巴士」とか「長栄国際」というバス会社がある。
値段はまちまちだが150元程度と高くてもシートがソファーみたいに
ゆったりしているデラックスなバスであったりするのだ。
乗場は異なるので確認しておこう。
目的地
バスのメリットは台北市街地のあちこちに停車することだ。
台湾旅行のガイドブックにはエアポートバスのルート図も載っていることが多いので
自分が宿泊するホテルの最寄バス停留所を確認しておこう。
国光客運の場合目的地は台北鉄道駅(車站)だった。
分からなければそこまで行きMRT(地下鉄)で移動する方法もある。
ちなみに空港に戻る場合
台北鉄道駅(車站)近くに国光客運と書かれたでかいバスターミナルがあったので
それを利用、早朝便の場合 ターミナルの場所や始発(確か5:00だった)を確認しておこう。
始バス 終バス
24時間運行ではなく始発と最終がある。
国光客運の場合は5:00〜1:00ちょっと前位だと思ったが確認してください。
日本への便ならその時間帯のバスで間に合うと思うが
国光客運以外のバスなら始発が4:40頃とか最終が1:30というのもあるが
夜中ならタクシーの方がいいかもしれない。

その他の交通機関
タクシーなど

次はタクシーであろう。タクシーで空港へ行ったことはないので
なんともいえないがサービス料などもあり1,000元以上はかかるとのこと
タクシーの場合 ボッタクリなどの問題もあるので
白タクなど利用せず 安心なタクシーを利用 市街地までの運賃の相場も確認しておきたい。
他にホテル側がバスを出す場合もあるとのこと
新幹線
台湾新幹線に乗ってみたいならいいかもしれない
桃園国際空港から高鉄桃園駅まで近く バスで20分ほど
新幹線で台南や高雄へ行くのにいいかもしれない。
高雄まで1,300元ちょっとだと思った。
新幹線で台北へ向かう方法もあるが確かトンネルだと思った。風景は期待できない。
台北まで160元ほどだった。

















トップ
台湾旅行





(注意)
2007年の旅行経験とその後の調査から2011年に作成しました
主体的な部分もあり実際と異なることや状況の変化もあるので
自己責任のもとで調査をしてください。
コピー複写を禁じます。