1.留学やホームスティーについて

(1)短期間でも体験したい

今後の為にいい

実践的な英語を身に付ける

英会話をしても実践で活用しなくては
廃れるもの
かと言って
いきなり仕事で英語を使うのは不安なものだ。
短期間でも留学経験をして
実践的な英語力を身に付けたい

人脈の確保

留学やホームスティーを行うのに重要なのが
人脈の確保
特に留学では、同じ志を持つ人が学ぶために
今後、互いの情報交換を行うことができる。
もちろん
一般の観光にはない感動も待っているはずだ。


コミュニケーションをとる

TOEIC対策

いくら英会話の経験があっても
数値で表せなければ社会的評価を受けるのは難しい。
TOEIC対策として留学するのもいい。
そもそも
TOEIC L&Rはリスニングが重要
英語漬けの生活もいい経験になるはずだ。

(2)期間・費用・注意点

期間は?

1週間からOK

短いものなら1週間 長い物で4ヶ月というのもある。
航空券は別手配なので
2週間滞在し
最初の1週間は留学&ホームスティー
次の1週間はバックパーカーで自由気ままな旅をすることも可能だ。


自由気ままに旅をするのもいい(ハワイ島 ヒロの市場)

費用は?

1週間なら20万円以下もあり

これから紹介するが
安いことで有名なのが「フィリピン」
フィリピンでもリゾート地としてよく紹介される「セブ島」
学費、寮での生活費、往復航空券セットで
1週間20万円未満にすることも可能
長期滞在の方がお得で
1ヶ月で30万円未満
にすることも可能だ。


今は飛行機も安く乗れる

注意点

ある程度語学力を身に付けよう!

留学という貴重な体験
英語初心者で訪れるのはもったいないと思う。
最初は自宅で英会話をして
ある程度、自信がついたら留学したい。
英会話教材を比較する
初心者向でも適した教材を紹介します。

勝手が異なることもある!

特にホームスティー
国や地域、そして家庭によって異なる習慣がある。
例えば
お風呂や食事の時間
食事内容も日本とは異なることも
日本人はホームスティーを好む傾向があるが
寮で団体生活した方がいいこともある。

査証なし

海外へ行く場合は通常
査証(ビザ)が必要だが
往復航空券を所持し
短期間の観光や留学目的で
免除してもらっているのだ。
査証の免除については
各留学スクールに問い合わせよう。
片道航空券のみでは
入国を拒否されることがある。

キャンセル

海外へ行くのによくあるトラブルはキャンセル
必ずキャンセル規定があるので
確認しておこう。

(3)留学の流れ

留学スクールに問い合わせる

一つの留学サイトでも種類は多種多様
例えば
寮は1人部屋とか4人部屋とか
ホームスティーか
1日の授業時間、目的によって異なる。
費用も授業料、寮費、教科書代に入学料、食費など様々
まずは問い合わせをしよう。


一般家庭の生活をするのもいい

航空券は自分で確保

ネットで簡単に手配

パスポートや航空券は各自手配
でも簡単だ、ネットでも旅行会社でも
航空券は簡単に確保できるはずだ。
フィリピンなら往復3万円台
ハワイでも6万円台からあるはずだ。
ただ、ハワイなど夏休みのシーズンは混み合い
条件のいいチケットから売り切れる。
夏休みなら早め(できれば3ヶ月前など)に手配しよう。


チャックインして出発

2.おすすめ留学サイト

(1)セブ島留学_語学学校NILS

安さが魅力!

1週間で20万円未満も

最近、海外留学で人気なのがフィリピン
英語を公用語としている上に物価が安い。
例えば
4時間レッスンの4人1部屋の寮で
6万円しない位
入学金や食費、光熱費を加えて4万円位か?

リゾート地 セブ島

場所はリゾート地として
多くの旅行会社で紹介されているセブ島
オプションでダイビングなどのマリンスポーツもある。

詳しくは


(2)ハワイ留学、ホームスティー

HAWAII_PALMS_ENGLISH_SCHOOL_LLC

ホームスティーやアクティビティーも豊富

オアフ島のホノルルにある学校
場所はメチャクチャいい!
日本人旅行者も多く
スーパーへ行けば
納豆や豆腐などもあり
寿司屋やラーメン屋 居酒屋も
デリケートな人でも
カルチャーショックは受けないだろう。

魅力は
豊富なプラン
ホームスティーや
ハワイ島などネイバーアイランドへ行く
プログラムがあったり
1時間単位のチケット制の授業もある。
つまり
ハワイ旅行のついでに留学も可能となる。

詳しくは


英会話教材を比較する

 

語学留学・ホームスティー

 

英語の仕事で留学資金

 

英会話をはじめる

何故 英語が話せない?

英会話のはじめかた