1.治安について思ったこと

(1)あまり神経質にならなくても

日本でも治安がいいとは限らない

日本でも
スリや置き引き、引ったくりは多い。
通り魔に襲われることもあるのだ。
訪れる国や地域によるが
海外だから特別危険と思う必要はないと思う。


東京でも治安がいいとは限らない

海外の方が安全と思ったこともある

特に観光に力を入れている国など
外国人旅行者が犯罪やトラブルに
巻き込まれると、その国の印象が悪くなり
経済に影響することがある。
それゆえ
外国人旅行者が多いエリアでに
専門の警察を配備したり
安全に力を入れている所もあった。


スリが多いことで有名なローマ トレビの泉
今は警備が徹底されている。

(2)旅慣れたとき本当の恐怖が待っていた!

危険なことに手を出す!?

自分の経験上
慣れない土地に訪れるのは
最初は不安なのだ。
しかし、行ってみると
案外なんともないし
言葉がうまく通じなくても
皆親切な人ばかり

だんだん
気が強くなり
夜 街中で大酒を飲んで
酔っ払い、人気のないエリアをフラフラしたり

中には
売春や薬物に手を染めた人もいた。

結果、自身が加害者になったり
取返しのつかない結果になることも

思ったより治安はよかった?

そりゃそうだろう。
犯罪は目立たないように
行われることが多いのだから・・・


夜 暗い所へ行ってしまう
(ハワイ ワイキキ)

疲れている時も

海外となれば
結構 神経疲れすることがある。
そういうときに盗難に遭うことがある。
というより
単なる置き忘れが多かった。
ちなみに
海外でトレッキングシューズを
忘れたことがあるが
別送品手続きをしてないから
私物であっても
輸入扱いとなり
高い関税が待っている。


帰りは疲れているから注意

(3)情報不足のトラブル

日本の常識が通じない!?

例えば
アメリカなど
公共の場でのアルコールを禁止している国が多い。
滞在中にビーチでバーベキュー
ビールを1杯という事も禁じられているのだ。
警察に捕まる

地下鉄や路線バス車内での飲食禁止
台湾など
飲食はもとより飴やガムもNG
罰金ものだ。

歩道でのサイクリング
パリなら捕まって罰金もの

ゴミのポイ捨て
バンコクなどちょっとした
紙屑を落としたトタン
私服警官が駆け付けてきて
そのまま連行された人がいる。

罰金となる。

海外旅行前に
地球の歩き方などガイドブック
「旅の技術編」に
注意書されているので
必ず確認している。


台湾のMRTはガムや飴もNGだった。

(4)あなどれない交通事故

犯罪のみではない

調べると犯罪よりも
事故に巻き込まれて
悲惨な目に遭った人が多いとか?
国によっては
車優先思考が強く
歩行者横断中でも
クラクションを鳴らしながら
突っ込んできたことがある。
(特に途上国に多い)
基本に戻り
車が来ない事を確認してから
横断歩道を渡ろう。
あと
よくやるのが
右を確認してから
そのまま横断する方法
海外でそれをやると
左から来る車にひかれることがある。
左側通行なら
「右」「左」「右」
右側通行なら
「左」「右」「左」
である。


交通事故にも注意したい(ロサンゼルス)

2.自分の安全対策

(1)事前に情報収集

海外安全情報

自分が必ず確認するのが海外安全情報
危険レベルが1~4まで表示されており
レベル2(不要不急の渡航は止めてください)以上
なら行かないようにしている。
また、危険情報が出されていなくても
具体的な注意点が掲載されているので
確認している。

(2)スリや置き引き

最も多いのはスリや置き引き

自分自身 海外で3回以上スリや置き引きにあっている。
が、ちょっと注意すれば避けられることも多い。

見知らぬ人からの声掛け

街を歩いていると
見知らぬ人が好意的に声をかける
注意をむけているすきに
財布のお金がなくなっていた。
ちなみに
見知らぬ人に付いて行くなどもっての外
睡眠薬を飲まされて
着ぐるみはがされた人もいるとか?

ビーチ

ビーチで泳いで
戻ってきたらカメラがなくなっていた。

盗まれない格好

逆に自分が犯罪者なら
どのような格好をしている人を狙うか?
ポケットに財布を入れている人
肩にハンドバッグを掛けている人だろう。
海外ではバッグもたすき掛けしている人が多い。

貴重品の分散

カメラは2台以上準備
ビーチへ行くときは
盗まれてもいいように
安いカメラを持っていく。
貴重品も分散してリスク分散をはかっている。


安全そうなワイキキビーチ だが
置き引きは頻発しているようだ。

(3)ホテルの扉は絶対に開けない

密室での強盗殺人もあるのだ

相手が誰であろうとノックがあっても
絶対にホテルの扉を開けない。
部屋に入り込まれ殺された例もある
少なくとも部屋のチェーンキーをしたまま
開けている。
これは日本でも実行している。

部屋からフロントへ電話して
My room is ・・・
私の部屋は・・・号です。
Please come to my room immediately.
私の部屋にすぐに来てくれますか?

とでも聞こう!


ホテルの部屋は密室

(4)いざというときの連絡先

クレジットカード会社等

クレジットカード会社
海外旅行保険
航空会社、ホテル(寮)
日本大使館
の連絡先を控えておく。
また、ノートに日程表をまとめている。
何かあったとき便利なのだ。

(5)危険なエリアに近づかない

ダウンタウンなど

例えば
ハワイ(ホノルル)やロサンゼルスのダウンタウン
パリのモンマルトルなど
物騒と言われるエリアもある。
こういう所を歩くと
浮浪者風の人も多いし
見知らぬ人が声をかけてくることもあった。

昼間は安全なことも

ただ、ホノルルダウンタウンや
モンマルトルなど
外国人旅行者が多い
観光スポットでもある。
昼間は案外 どうってことがない
しかし
夜になると人気がなくなり
物騒になるのだ。


治安が悪いと言われる
ホノルルダウンタウン
昼間はそうでもなかった。

(6)ホールドアップ

経験はないが

滅多に聞かないが銃やナイフを突きつけられた場合
聞いたところ、命が大事、犯人を挑発せずに
そのまま金品を渡した方がいいとのこと
言葉が通じる通じないの問題ではない。



英会話教材を比較する

 

語学留学・ホームスティー

 

英語の仕事で留学資金

 

英会話をはじめる

何故 英語が話せない?

英会話のはじめかた