1.緊急時、知っておきたい英語

(1)緊急時

emergency/urgent

イマジンシィー/アージャント
どっちも「緊急です」
という意味である。
ただ
emergencyは
事故や災害など命にかかるような緊急
例えば
Emergency exit(非常口)
となる。

urgentは急だが命にかかるものではない。
例えば
Very urgent(大至急)

電話をするとき便利だった?

日本ではあまり考えられないことだが
ホテルの水道管が破裂したことがある。
水は噴水のように噴き出すので
場を離れられない。
フロントへ電話をしたが
うまく意思が伝わらず
スタッフがすぐに駆け付けてこなかった。
そのとき

urgentとか

Please come right away.
(すぐ来てください)

The water pipe burst
(水道管が破裂)

などと言えればよかった。

本来
緊急性がある場合
相手の表情から判断できるが
相手の顔が見えない
電話では判断しにくいのだ。


水が噴き出した
鍋で押さえる

(2)痛い、具合が悪い

pain/ache

「ペイン/エイク」
どちらも痛いという意味だ。
分かりやすいと思ったのは
I have pain in my ~
「アイ ハブ ペイン マイ ~」
~が痛みます。
又は
I have pain here
と言って痛い部分に指を刺す方法だ。
しかし
painというのは
「短期間で我慢できないような痛み」
というような意味である。

もう一つ
I have headache.
「アイ ハブ ヘデェ」
「私は頭が痛い」
という意味
我慢できるような痛み
というような意味がある。

Bad condition/Feel bad

「バッド コンディション/フィール バッド」
どちらも「具合が悪い」という意味だ。
表情を見せて言えば大体は通じた。
I have a fever
「アイ ハブ フィーバー」
「私は熱がある」
という意味
具合悪そうな顔をして
体温計の数値を見せれば
大体は理解してくれた。


到着後時差ボケで具合が悪くなることも!

(3)乗り遅れ、乗り間違え

Is this train on schedule?

イズ ディッス トレイン オン スケジュール?
この列車は時刻通りですか

I missed the train

アイ ミスドゥ ザ トレイン
列車に乗り遅れた
他にも
I missed the train station.
乗り過ごした

I took the wrong train.

アイ トゥック ザ ワロング トレイン
鉄道に乗り間違えた

意外に起こりやすいトラブル

海外では列車の遅れがよくあるが
丁寧な説明がないことが多い。
周りも気にしていないし
不安になるもの
また、上りと下りを
間違えてしまったことがある。


乗り間違えないように注意しよう

(4)置き忘れた、届かない

I left my bag on the train

アイ レフト マイ バッグ オン ザ トレイン
列車内でバッグを忘れました。

My suitcases is missing

マイ スーツケース イズ ミッシング
私のスーツケースが見当たらないです。

スーツケースが届かなかったこともある

実際に
空港でスーツケースが届かなかったことがある
聞いたところ
労働者は契約で雇われているので
契約以上に荷物を来た場合は
そのままにされ
次の便に運ばれることがあるとか?
確かに
3便目位で荷物が出てきた。
海外ではそういったこともあるのだ。


空港で荷物が届かなかったことがある

(5)盗難にあった

My bag was stolen

マイ バッグ ワズ ストールン
バッグが盗まれました。

I was pickpocketed on the train.

アイ ワズ ピックポケット オン ザ トレイン
私は列車内のスリにあいました。

警察で手続きが必要なことも

例えば保険に入っている場合
保険をおろすのに
警察へ行き、盗難の証明書を作成する必要がある
盗まれた品や場所など記述するが
全て英語で結構大変だった。
語学力を身に付けよう!


地下鉄などスリに注意したい

2.その他 トラブル発生時

(1)犯罪に巻き込まれたとき

英会話の世界ではない

自分自身、強盗など
凶悪犯罪に巻き込まれたことがないが
聞いた話によると
凶悪犯罪に巻き込まれた場合は
英語力の世界ではなく
間違っても交渉などしてはいけない。
言われるままに従うしかないらしい。

(2)非常時の連絡先

旅行会社のサポートサービスなど

例えば
保険会社やクレジットカード会社の連絡先
旅行会社のサポートサービス
(フリープランに参加すると付くこともある)
などがある。
こういった連絡先はしっかりと控えた。
精神的にも安心なのだ。

(3)海外旅行保険

加入しよう

海外旅行保険に加入しておけば
いざというときに安心だ。
出発日に空港で加入することができるが
旅行前にインターネットで予約した方がお得
それにバラで掛けるプランもある。
なお
車の運転
登山など危険なスポーツなど
対象外になることが多いので
注意したい。

 



英会話教材を比較する

語学留学・ホームスティー

英会話をはじめる

何故 英語が話せない?

英会話のはじめかた