1.地下鉄利用に必要な英語

(1)英語力がほとんど要らなかった

日本の地下鉄でもそうだが、
利用するのに言葉はほとんど要らなかった。
必要な会話とすれば
駅や改札口の場所を尋ねるか
切符を買うとき位だろう。
細かな質問すると
嫌がられるから
手短に済まそう。

(2)駅や改札口の場所を尋ねる

Where’s the nearest subway station?

フェアーズ ザ ニアースト サブウェイ ステーション
(最寄りの地下鉄駅はどこですか?)
Where’s the ~station?
(~駅はどこですか?)
など、他にも
I’d looking for subway station.
でも通じた。
道を聞くのは簡単で
「subway station」
と言った所で
「この人は地下鉄駅を探しているのだろう」
と感じ取ってくれるはずだ。
なお、地下鉄のことを
アメリカではsubway
イギリスtube(チューブ)
フランスではMetro(メトロ)と言う。


地下鉄の駅

ticket window/wicket

チケット ウィンドウ(切符売場)/ウィキット(改札口)
切符売場や改札口の場所が
分かりにくいことがある。
覚えとけば便利


改札口

(3)切符を買う乗車する

~please

~は行先 後ろにプリーズ
を付ければ通じる。
後は
大人1枚子供2枚なら
「One adult Two children」
「ワン アダルト トゥー チルドレン」
といえばいい アドルトはダの部分の強めに言おう。
金額を示してくれる。

Is this the right train to ~

イズ ディッス ザ ライト トレイン トゥー ~
(これは~へ行く列車ですか?)
郊外に出る場合、途中で線路が
枝分かれしていることがあり
目的とは全然違う方向を向かうことも
まれに
上りと下りを間違えることもある。
不安だと聞いてみるのもいい。
I want to go ~でも何となく通じた。


地下鉄に乗車する

2.地下鉄利用方法を調べておこう

(1)国によって利用方法が異なる

知らないと思わぬトラブルも

地下鉄利用にあたっては
言葉よりも根本的な利用方法を確認しておきたい。
国や地域によって利用方法が異なり
知らないと思わずトラブルに巻き込まれることもある。

経験から
例をいくつか挙げてみた。

アメリカ

ロサンゼルスの地下鉄利用経験から
改札口はない
駅は無人で券売機があるだけ
改札口もない。
最初 そのまま乗ってもいいのかな?
と思った。
しかし、まれに検札が来て
切符がないと多額の罰金となる。

ヨーロッパ

フランスとイタリアの地下鉄利用経験から
1回券はない
1回乗車券はなく
75分有効とか90分有効券
つまり
時間内なら地下鉄、路線バスなど乗降自由
ただし
地下鉄どうしの乗換はできなかったり
とちょっと複雑なことも
車内清算はない
面倒だから1区間だけ購入して
「後で清算」と言う考えがあるが
フランスやイタリアにはそういった習慣はない
検札時や下車後に捕まって多額の罰金がとられる。

台湾

台北の地下鉄利用経験から
飲食禁止!?
飲食禁止は日本も同じだと思うが
飴やガムもNG
見つかれば多額の罰金

 


英会話教材を比較する

語学留学・ホームスティー

英会話をはじめる

何故 英語が話せない?

英会話のはじめかた